いつもご覧いただきありがとうございます。

 
 旅館コンサルタント吉田修です。


 
 旅館集客と旅館マーケティングに愛を!!




今日のお題
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
            「 ネーミングしなきゃ! 」
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□


 

 私のクライアント様の施設で3階建てでエレベータの無い旅館があります。

 

 予約サイトの口コミのコメントによく


 「3階の客室に泊ったんですが、階段の上り降りがつらかった」


 などと書き込みを頂戴します。



  
 そうなるとスタッフ達は、ご到着のお客様をご案内する時に

 階段でお客様の表情が気になってしかたがないのです・・・・

 

 エレベータがないことで不満に思われないか。 




 そんなマイナス点を逆転させる魔法があるのです!






 そう!




   「ネーミング」


 例えば



 「癒しへの階段」


 「足腰健康階段」


 など。




 ネーミングするだけで、スタッフもお客様も変わります。





 マイナスだった事が、意味のある事に変わります。




 思い入れもわきます。




 客室名も「1012」じゃ味気無い。



 お客様は、何日も前から予約して期待したご滞在です。


 お部屋にネーミングされていれば、お客様は一生懸命に名前を覚えてくれます。



 客室数の多い宿でも、せめてフロアーごとにネーミングしましょう。





 弱点も逆転できます。




 レッツトライ




 PS:

 予約サイトの口コミの「アクセス」これも結構苦戦している宿が多いようです。



 隠れ家的な小規模旅館は、脇道を入り舗装も行き届いていない細い道をお客様は通らなければなりません。




 そうなると・・・・



 口コミのアクセスの点数がいつも低い点数になってしまいます。


 ここでも活躍するのが伝家の宝刀「ネーミング」です。



 宿に続く舗装もままならない細い道に、名前を付けてWEBページ等で告知するのです。





**********************************************************

旅館コンサルタント  吉田修


旅館専門集客コンサルティング  インプレッションコンサルティング

**********************************************************