アマゾンジャパンは7日、ワイヤレス電子ブックリーダー「Kindle(キンドル)」
の日本向け販売をスタートすると発表しました。

Kindleは、最大で約1500冊の電子書籍を保存できる電子ブックリーダー。

なんと・・・

28万冊以上の電子書籍や雑誌、新聞などの中から、
気に入った商品をパソコンを介さずに直接ダウンロードして購入できるのが売りです。

ただし、今回はあくまで「海外版のKindle端末が日本からも通販で購入できる
ようになった」だけ。

洋書好きの方には検討の余地があるかもしれませんが、
日本語の書籍が読めるわけではありませんのでご注意ください。

近いうちに日本語書籍もでるんでしょうね。

海外では一足先に「電子ブックリーダー戦国時代」に突入、
アマゾンのほかソニー、グーグル、アップルなどがデファクトスタンダードを目指してしのぎを削っているようです。

家に山積みになって置き場に困っている本や、
移動時にいつもカバンに入れている本の重さを考えると
非常に興味があるのですが・・・・

本って持っていることに満足感があるような気がします。

私は、月に10~20冊の書籍を購入しています。

書籍



実際に読んでいるのはその半分くらい!!!

それでも満足!

電子ブックリーダー

日本ではどうなんでしょう?






旅館専門集客コンサルタント 吉田 修