【旅館専門集客コンサルティング】の吉田修です。

先ずは、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により、
亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、
被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、
心よりお見舞い申し上げます。

幸運にも震災を免れた人たちは、少しでも冷静になって
今やるべき事をきちんとこなし、経済活動を通して、
社会に貢献しなければいけない。

被害を受けていない人はこんな時だからこそ、
しっかりと前を向き、普段通り働くべきだと私は思っています。

各企業は、自社の活動を一日も早く再開させ、国力の低下を食い止めなければならない。

各個人は、それぞれの家庭で、それぞれの仕事に平常通り、
懸命に勤しみ、それぞれが、やれることを、ただ愚直にやる。

被災地の一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。